So-net無料ブログ作成
東急田園都市線、世田谷線、東横線、池上線 ブログトップ
前の5件 | -

餃子 しくよろ亭 [東急田園都市線、世田谷線、東横線、池上線]

高津の  餃子 しくよろ亭  で、ぎょーびーしました。

田園都市線高津駅の西口からマクドナルドのある府中街道に出て右、
ファミリーマートの手前を右に入って10mぐらい。
緑色の階段の奥にあるちょっと隠れ家的?お店です。

しくよろ亭入口.jpg

やあ、およそ2年ぶりのぎょーびーです。
まあ、とかいって「しくよろ亭」というふざけた店名から判るように
実は、私の店です。
餃子好きが高じて、昨年の1月、ついに餃子屋さんを出店してしまいました。

そんな訳で今回は僭越ながら自分のお店でぎょーびーでございます。

店内は、カウンター5席、テーブルは4〜5席。
BGMは、懐かしめの洋楽。
そのなかでも、ビートルズ関連が半分位占めているかな。
ビートルズのレコードジャケットなんかも飾っちゃたりしてます。


ビールは、生ビール   500円
     生ビール(小)380円

と、これだけ。
ビールは鮮度が大事。
ビールの回転を上げるため、生一種類のみ
あえて瓶ビールは置いていません。

しくよろ亭ビール.jpg

サッポロの生、400mlのタンブラーです[ビール]

餃子は、焼餃子        5ヶ 550円
    水餃子        5ヶ 500円
    水餃子 シイタケ入り 5ヶ 550円
        セロリ入り  5ヶ 550円
    揚げ餃子       4ヶ 500円

他に オープンギョーザ 600円
というのもありますが
まずは、焼餃子から。

しくよろ亭焼餃子2.jpg

こちらが、焼餃子。
一人前は5個、サイズはやや大きめです。
手づくりの皮はやや厚めでしっかり目、
ヒダは、12〜13位。

しくよろ亭焼餃子切り口.jpg

餡は、食べたカンジは肉と野菜が半々位に思えますが
実際は、肉1に対して野菜2.5位の割合です。
野菜は、白菜とニラとネギで、やや大きめにカットしています。
ニンニクは入っていません。
5時間煮出した鶏がらスープを練り込んでいますので
餃子の中からスープが、“飛び出し注意!”です[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][がく~(落胆した顔)]

飛び出しA4.3.jpg
実際、飛び出したスープでシャツを汚してしまったお客様も
いらっしゃたので、こんな標識を作ってみました。
いかがでしょうか。

今回はこんなところで、
他の餃子たちは、また改めてご紹介して行きたいと思います。



 住所   神奈川県川崎市高津区溝口4-1-5
 営業時間 17:30〜24:00
      17:30〜23:00(日祭)
 定休日  毎週火曜日


さて、お店をオープンして早1年半以上。
商売するってのはホント大変だと実感する今日この頃です。
そう考えると、これまでこのブログで紹介してきたお店の方々に
改めて敬意を表したいと思います。


タグ:ビール 餃子
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

八丁軒 [東急田園都市線、世田谷線、東横線、池上線]

桜新町の  八丁軒  で、ぎょーびーしました。

東急田園都市線の桜新町駅から用賀方面に3分位行った左側。

八丁軒.jpg

店の入口には「店内が狭いため、お子様の入店をおことわりしています。」
の張り紙がある。
入るとまず、U字型というか、V字型のカウンターがあり、左奥が調理場だ。
若い男性と年配の女性が調理担当、若い女性がホール担当かな。

ビールは、ビール大 600円
     ビール小 400円

となっている。
ビール大を注文。

八丁軒ビール.jpg

アサヒスーパードライの大瓶です。

餃子は、ギョウザ 400円  のみ。

八丁軒餃子.jpg

7〜8分位で、出てきました。
サイズは、8cm位かな。
皮の両端を閉じていない、棒餃子に近いスタイル。

八丁軒餃子切り口.jpg

皮は、やや薄め。ヒダは、よく分かりません。
焼面は、カリッとしています。
餡は、独特です。モチモチっとして、最初、餅が入っているのかと思いました。
おそらく、春巻きのように、具材を炒めて片栗粉で強めにとろみを付けてから
餃子の皮で包んでいるんじゃないでしょうか。
まあ、うまいかどうかはともかく、他にはない餃子ですね。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

洛餃子 [東急田園都市線、世田谷線、東横線、池上線]

駒沢大学の  洛餃子  で、ぎょーびーしました。

田園都市線の駒沢大学駅の駒沢公園口を出て、246を桜新町方面に5〜6分
駒沢の交差点の斜め向かいにある、青果店の2階。

洛餃子の洛は、ロクと読むようだ。

洛餃子.jpg

店内は、明るくゆったりとしたカジュアルレストラン風。
窓際のカウンター席に座ると、駒沢の交差点が見渡せる。

ビールは、アサヒスーパードライ グラス   430円
                中ジョッキ 530円
     キリンラガ      中瓶    580円
     アサヒスーパードライ 中瓶    580円
     青島         中瓶    580円

となっている。
何故か“キリンラガー”じゃなくて“キリンラガ”。
そんな事はどうでも良くて、中ジョッキを注文。

洛餃子ビール.jpg

アサヒスーパードライの中ジョッキは、435mlかな。
お通しは、乾豆腐。うまいです。

餃子は、自家製ジャンボ焼き餃子(5個) 480円
    香辛水餃子(5個)       380円

の2種類かな。
ジャンボ焼き餃子を注文。

洛餃子餃子.jpg

12〜13分で、出てきました。
サイズは、やや大きめか。“ジャンボ”というほどではない。

洛餃子餃子切り口.jpg

皮は、やや厚め。手づくりかな。しっかりしたタイプ。
ヒダは、大きめで9位。
焼面は、カリッとしています。
餡は、肉と野菜が半々位。しっかり詰まった餡です。
春雨も入ってますね。
味は、ややあっさりめ。どちらかというと“中国系”で、やや甘味があります。
タレは、ちゃんと付けて食べたいですね。

おそらく中国人の方がやっていると思われますが
サービスもしっかりしていて、好印象の店でした。




 住所   〒154-0012 東京都世田谷区駒沢3-1-3 シャトレー駒沢202
 電話   03-3410-7388
 営業時間 11:00〜15:00 17:00〜03:00
 定休日  無休


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

豆点 [東急田園都市線、世田谷線、東横線、池上線]

自由が丘の  豆点  で、ぎょーびーしました。

東急東横線または、東急大井町線の自由が丘駅の北口を出て右
東横線のガードを抜けて、最初の角を左に1分ほど行くと左側にある。

豆点.jpg

2009年の10月にオープンしたということで、まだ1年経っていない。
店内は、まだ新しくキレイだ。入って右がカウンター、左にテーブル席が3卓。
入ってすぐ左に券売機があって、まずそこで食券を買うシステム。

ビールは、生ビール(中) 500円
     生ビール(小) 300円
     瓶ビール(中) 520円

の3種類。
生ビールの中にしました。

豆点ビール.jpg

ヱビスビールですね。タンブラーは、400ml位か。

餃子は、豆点餃子(七個)   380円
    にんにく餃子(七個) 380円
    しそ餃子(七個)   380円
    玉ネギ餃子(七個)  380円
    唐辛子餃子(七個)  380円
    ミックス餃子(十個) 500円

となってます。
5種類一度に楽しめる、ミックス餃子にしました。

豆点餃子.jpg

8分ほどして、出てきました。
5種類の餃子がそれぞれ2個ずつ。
ちなみに、写真は2人前です。
大きざは、「点天」みたいな一口サイズ。
右から、豆点餃子、にんにく、しそ、玉ネギ、唐辛子
だったかな。
しそ餃子だけ、形が違います。

豆点豆点餃子切り口.jpg

こちらは、豆点餃子。
皮は、薄め。でも、点天よりは厚めかな。ヒダは2位か。
カリッと焼けてます。
餡は、野菜がやや多め。
味は、しっかりめ。

豆点しそ餃子切り口.jpg

こちらは、しそ餃子。
他が、平べったい点天スタイルなのに対し、これだけ形が普通の“王将”スタイル。
小さめながら、餡はしっかり詰まってます。

豆点玉ねぎ餃子切り口.jpg

こちらは、玉ネギ餃子。
玉ネギの甘味が際立ってます。

唐辛子餃子は、それほど辛くありません。
にんにく餃子も、それほどニンニク臭くはありません。

ひとくち餃子が好きな人には、いいんなじゃないですかね。



 住所   東京都目黒区自由が丘1-11-2
 電話   03-6421-1501
 営業時間 11:00〜翌4:00
 定休日  無休

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

自由が丘餃子センター [東急田園都市線、世田谷線、東横線、池上線]

自由が丘の  自由が丘餃子センター  で、ぎょーびーしました。

東急東横線の自由が丘駅の正面口を出て、すぐ右にある、自由が丘デパートの3階。
餃子の種類の多さが有名で、昔からその“存在”は知っていながら、なんか“キワモノ”っぽくて
敬遠していたが、まあ一回は行ってみなくちゃ話にならん、という事で来店。

自由が丘餃子センター.jpg

店は、意外にもキレイで、“オシャレ”といってもいい位。BGMは、ジャズでした。
以前はいかにも大衆食堂ってカンジらしかったけど、
数年前の自由が丘デパートの改装に合わせて、この店もキレイになったようだ。

ビールは、アウグスビール(生) 800円
     ビール(中ビン)   650円  

の2種類。
“無濾過プレミアムビール”のアウグスビール生にしようかとも思ったけど
グラスで800円はちょっと高すぎ。
瓶にしました。

自由が丘餃子センタービール.jpg

サッポロ黒ラベルの中瓶です。

餃子は、焼餃子(スタンダード)   480円
    野菜焼餃子         480円
    タケノコ焼餃子       480円
    シイタケ焼餃子       480円
    ニラ焼餃子         480円
    セロリ焼餃子        480円
    トリ焼餃子         480円
    エビ焼餃子         480円
    大葉焼餃子         480円
    ニンニク焼餃子       480円
    キモスナズリ焼餃子     480円
    イカ焼餃子         480円
    カキ焼餃子(季節限定)   580円 
    ギンナン焼餃子(季節限定) 680円
    松茸焼餃子(季節限定)   800円
    水餃子           580円
    エビ水餃子         580円
    ザーサイ水餃子       580円
    梅肉入り水餃子       580円
    揚餃子           480円
    大エビ揚餃子        760円
    蒸餃子           580円 
    イモ蒸餃子         580円  
    シイタケ蒸餃子       580円
    スープ餃子         980円

と、これだけでも25種類。
さらに、壁に貼られたメニューとして
    
    ゴボウ餃子         480円
    あさり餃子         580円
    帆立餃子          680円   
    サーモン餃子        680円
    シソ山イモ餃子       680円
    シソ明太子餃子       680円
    珍味イカワタ揚げ餃子    580円

などなど…。他にも、夏限定メニューなどもあって、
全部で何種類あるんだろうか?

迷った挙げ句、取りあえず
焼餃子(スタンダード)と、名前が珍しい、というか、なんだか分からない、
キモスナズリ焼餃子を注文。

自由が丘餃子センター餃子.jpg

7分ほどで、出てきました。
スタンダード焼餃子とキモスナズリ焼餃子、それぞれ一人前は4個。
どっちがどっちだっけ?
紅ショウガが付いてくるのは珍しい。

自由が丘餃子センター餃子切り口.jpg

こちらは、焼餃子(スタンダード)。
サイズは普通だけど、平べったい形。
皮は、やや薄めで、柔らかめ。ヒダは6位か。
餡は、え?これしかはいってないの?って量。
野菜が多めなのかなあ。かなり柔らかくてトロトロの餡だ。
dancyuによりますと、豚挽肉に鶏ガラスープを混ぜてトロトロにしているらしい。

自由が丘餃子センターキモスナズリ餃子切り口.jpg

こちらは、キモスナズリ焼餃子。
スタンダードの焼餃子と同じ餡の中に、細長くスライスした砂肝が入っている。
でも、なんでキモスナズリなんだろう?
他も、きっと同じ餡に、いろんなものを入れているだけなんだろうな。

まあ、味はともかく、この餡の量と一人前4個で、この値段は高いですね。
例えば、観光地に行って珍しい食べ物を見つけて、まあ話のネタに食べてみました
ちょっと高かったけど、みたいなノリと考えれば、コレもアリかな……みたいな。



 住所   東京都目黒区自由が丘1-28-8 自由が丘デパート3階
 電話   03-3718-7081
 営業時間 [月〜金]11:30〜15:00 17:30〜22:00
      [土日祝]11:30〜22:00
 定休日  水曜日


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 東急田園都市線、世田谷線、東横線、池上線 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。