So-net無料ブログ作成
検索選択
飯田橋、九段下、神楽坂、江戸川橋 ブログトップ
前の5件 | -

川柳 [飯田橋、九段下、神楽坂、江戸川橋]

江戸川橋の  川柳  で、ぎょーびーしてみました。

東京メトロ有楽町線の江戸川橋駅の1a出口を出て、目白通りを護国寺方面に
100mほど行くってえと、道の反対側に、ネオン管の川柳の文字が見える訳ですな。

川柳.jpg

ビルは、そんなに古くはないけど、店自体は“昔ながら”ってカンジです。
ご主人らしき男性はホールで接客、厨房で奥さんとお姑さん?が
調理を担当しているという、ちょと珍しい光景。

ビールは、ビール         550円
     生ビール(中ジョッキ) 400円

とあります。
生ビールにしました。

川柳ビール.jpg

キリン一番搾りの生ビールは、ジョッキではなくタンブラー
400mlですね。

餃子は、餃子     450円   とありますが、

他に、 揚げギョウザ 400円

もあるようです。

餃子を注文

川柳餃子.jpg

意外に早くて、5分足らずで出てきました。
サイズは、ふつう。一人前は5個。

川柳餃子切り口.jpg

皮の厚さは普通。やや柔らかめ。ヒダは、6位。
餡は、野菜が多め。“野菜餃子”ですね。
柔らかめですが、野菜の歯ごたえはあります。
塩味は、ややしっかりめですが、タレは付けて食べたいですね。
“昔なながら”の餃子です。


 住  所 東京都文京区音羽1-2-5
 電  話 03-3941-4082
 営業時間 11:00〜22:30
 定休日  土曜日


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

綏彩(すいさい) [飯田橋、九段下、神楽坂、江戸川橋]

江戸川橋の  綏彩  で、ぎょーびーしました。

東京メトロ有楽町線の4番出口から、目白通りを飯田橋方面へ200m位
セブンイレブンの角を右に入って行くと左側にある。

「おとなの週末」の8月号「みんなの夏グルメ〜餃子の出番だ」の特集に
掲載されていたので、行ってみました。

綏彩.jpg

店内は、茶色いレンガと木を基調としていて、ちょと喫茶店みたいな雰囲気。
ご主人と奥さん、娘さん(この時はいなかったけど)の3人で切り盛りしているようです。
雑誌で紹介されたせいでしょうか、予約も含めると、すぐに満席状態に。

ビールは、エビス生ビール (小) 300円
             (中) 550円
     サッポロ黒ラベル(瓶) 500円

となってます。
サッポロの瓶にしました。

綏彩ビール.jpg

サッポロ黒ラベルの中瓶です。
グラスも冷えてます。

餃子は、焼餃子  450円
    水餃子  450円

の2種類。
焼餃子を注文。

綏彩餃子.jpg

10分ほどで、出てきました。
サイズは、小さめ。一人前は、7個です。
特製のタレも、小皿で出てきました。

綏彩餃子切り口.jpg

皮は、手造りの割には薄めで、しっかりした食感。
ヒダは付けてませんね。焼面はカリッとしています。
餡は、肉が多めですが、野菜の味や歯ごたえもちゃんとあります。
味は、わりと薄め。
特製のタレの味は濃いので、ちょこっと付ける位がいいですね。



 住  所 東京新宿区西五軒町13-3 関谷ビル
 電  話 03-5228-2568
 営業時間 11:30〜14:30 17:00〜22:30
 定休日  日・祝


おとなの週末 2010年 08月号 [雑誌]

おとなの週末 2010年 08月号 [雑誌]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新雅(しんが) [飯田橋、九段下、神楽坂、江戸川橋]

江戸川橋の  新雅  で、ぎょーびーしました。

東京メトロ有楽町線の江戸川橋駅の3番出口を出て、目白通りを渡り左
神田川にかかるはなみず橋を渡って、最初の信号の左手前角にあります。

角に建っているので入口がに方向にあります。
写真の反対側の入口には「ぎょうざの店 しんが」と書いてありました。

新雅.jpg

昭和レトロな店内は、コの字型のカウンターのみ。
カウンターの中には、20代位の若い男性、その斜め後ろには、かなり頭が薄くなった
おとーさん。親子のようです。
昼時には行列も出来る、地元の人たちに愛されている店のようです。

ビールは、ビール 600円  のみ。

注文すると、オヤジさんが一旦店の外に出て、ビール瓶を持って来てくれました。

新雅ビール.jpg

サッポロラガーの大瓶です。
お通しは、メンマ。いい味です。

餃子は、餃子  500円  のみ。

カウンターの中の、息子さんが焼きます。

新雅餃子.jpg

4〜5分ほどで、出てきました。
サイズは、ふつう。一人前は6個。

新雅餃子切り口.jpg

皮は、手造りですね。やや厚めでモッチリしてます。ヒダは、7位。
餡は、細かめの野菜が多め。ニラは大きめです。
味は、薄め。酢醤油・辣油は多めに付けたいですね。
ニンニクは、入っていないようです。



 住  所 東京都文京区水道2-9-12
 電  話 03-3946-2077
 営業時間 11:00〜15:00 17:00〜22:00
 定休日  日曜、祭日



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

萬福餃子房 [飯田橋、九段下、神楽坂、江戸川橋]

江戸川橋の  萬福餃子房  で、ぎょーびーしてみました。

新目白通りを歩いていて偶然見つけた店。
東京メトロ有楽町線の江戸川橋駅の1b出口から、新目白通りを早稲田方面に
2〜3分行くと、左側にある。

萬福餃子房.jpg

たぶん、去年オープンしたわりと新しい店です。
姉妹店もけっこうあって、柴又に同名の店が、西新宿や錦糸町の「萬福飯店」も
同系列らしいです。

ビールは、アサヒスーパードライ 生ビール  390円
                瓶ビール  473円
     青島ビール            420円
     ピッチャー           1,680円

となってます。
生ビールにしました。

萬福餃子房ビール.jpg

アサヒのジョッキは、400ml。

餃子は、名物焼き餃子 (6コ) 380円
    梅入り焼き餃子(5コ) 380円
    自家製辛口にんにく餃子 580円
    鉄板焼き餃子 (5本) 520円
    手作りの水餃子(6コ) 380円

となってます。
“梅入り焼き餃子”は珍しいけど、ここは無難な“名物焼き餃子”で。

萬福餃子房餃子.jpg

10分ほどで、出てきました。
羽根が付いてます。サイズは、ふつう。

萬福餃子房餃子切り口.jpg

皮は、やや薄めで、やや柔らかめ。ヒダは、8位。
餡は、やや大きめに刻まれた野菜がやや多めの割合。
味は、ふつうです。
もう少し“羽根”が、パリッとしていると尚いいですね。



 住  所 東京都文京区関口1-44-3
 電  話 03-3266-1968
 営業時間 11:00〜15:00 17:00〜24:00







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

えぞ松 本店 [飯田橋、九段下、神楽坂、江戸川橋]

飯田橋の  えぞ松 本店  で、ぎょーびーしてみました。

目白通りから一本入った道沿いにあります。
JR飯田橋駅の東口からだと3〜4分でしょうか。
たまたま「ラーメン 餃子」の看板を見つけて入ってみました。
後から知ったんですが、すごいボリュームのホイコーローで有名な店だそうです。

えぞ松.jpg

かなり歴史のある店のようですが、何年か前に移転したようで
そんなに汚くはありません。キレイでもないけど。

ビールは、キリンビール  (大瓶) 630円
     一番搾り樽生ビール(大) 580円
              (中) 380円

となってます。
瓶にしました。

えぞ松ビール.jpg

キリンんクラシックラガーの大瓶です。
キリンは、大瓶もなで肩です。

餃子は、ぎょうざ(自家製) 360円  のみ。

えぞ松餃子.jpg

7分ほどで、出てきました。
サイズは、普通です。
皿に、タレ用の凹みがついているので、小皿は出てきません。

えぞ松餃子切り口.jpg

皮の厚さは普通、やや柔らかめ。ヒダは、4〜6位。テキトーなカンジ。
餡は、野菜が多め。野菜は大きめに刻まれてます。
味は、やや薄めで、醤油・酢・ラー油はたっぷり付けたいですね。
いかにも“ガッツリ系”の店にありそうなギョーザです。
でも、なんかこのアバウトなカンジは嫌いじゃありません。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 飯田橋、九段下、神楽坂、江戸川橋 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。