So-net無料ブログ作成
検索選択
六本木、麻布 ブログトップ

翠園 [六本木、麻布]

西麻布の  翠園  で、ぎょーびーしました。

東京メトロ日比谷線の六本木駅から、六本木通りを渋谷方向へ10分位
西麻布分の交差点のちょっと手前の左側。
広尾駅からも10分ちょっとぐらいかな。

dancyuの2009年6月号で紹介されていたけど、
想像していたより地味で小さな店だった。

翠園.jpg

店内も、あまり飾り気がない。
ホールには、おばさんというかおばあさん?がふたり。

テーブルの上に小さなセットメニューしか置いてなかったので、
「ビールは、何があるんですか?」と尋ねると
「キリンでいいですか?」
「生はあるんですか?」
「いえ、生はありません」
「キリンの他に、何かあるんですか?」
「いえ、キリンだけです」
「じゃ、キリンで…。」

と、なんとなく噛み合ない会話を交わしつつビールをオーダー。

翠園ビール.jpg

キリンのクラシックラガーの中瓶です。
お通しは、キャベツを塩でもんだもの?と、大根の醤油漬け?

「あの、他のメニューはありますか?」と尋ねると
「何のメニュー、ラーメン?」
「いや…」
「餃子はいかがですか?」
「ああ、そうですね…。」

レジの横にメニューが置いてあるのが見えるのに、
なかなか持ってこようとしない。
どーも、どうせ餃子しか注文しないだろうと見透かされているのか。

ちなみに餃子のメニューは、

    焼餃子  840円
    水餃子  840円

と、壁に貼ってある。
他のメニューも見たかったけど、まあいいか。

「じゃあ、焼き餃子で…」

翠園餃子.jpg

10分ほどで、出てきました。
サイズは、長さは短めだけど、幅がある。
一人前は、8個だ。

翠園餃子切り口.jpg

皮は、やや薄めで、柔らかめ。ヒダははっきりしないが4位か。
餡は、肉が多め。大きめのニラが多めに入っている。
かなり肉を練っているのか、しっかりした食感だ。
肉の味がメインで、肉団子を食べているみたいだ。

食後に、杏仁豆腐が出てきました。

会計は、ビールと餃子(840円)で、1,390円だから
お通しとデザートがサービスならば、ビールは550円ですね。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

点天 [六本木、麻布]

麻布十番の  点天  で、ぎょーびーしました。

都営大江戸線の7番出口から、新一ノ橋の交差点方面に1分ほど
左側のエフプラザというビルの1階、少し奥まったところにあります。

お取り寄せやお土産で有名な「点天」ですが、ちゃんとしたイートインがあるのは
大阪の法善寺店とここだけみたいですね(玉川高島屋にも4席だけあるけど)。

点天.jpg

店内は、餃子屋さんらしくなくキレイでシャレてます。
麻布らしいというのか。
カウンンター席もテーブル席もゆったりとしたスペースです。


生ビールで、瓶はありません。
15:00〜19:00は「早割」で、生ビール200円です。

点天ビール.jpg

プレミアムモルツのジョッキは、400mlぐらいかな。
お通しは、豚肉とキュウリとタマネギのゴマダレ和えみたいな。

餃子は、焼き餃子      レギュラー 990円
              ハーフ   550円
    揚げ餃子      8ヶ    850円
    おろし餃子     6ヶ    850円
    チーズ焼き餃子   8ヶ    880円
    ふわふわ玉子の特製水餃子 6ヶ 850円
    チゲスープ餃子   6ヶ    850円
    軍鶏スープ餃子   6ヶ    850円
    冷やし担々餃子   6ヶ    850円

と、結構種類があります。

定番の焼き餃子、レギュラーで。

点天餃子.jpg

「大阪ひとくち餃子」ですから、当然ひとくちサイズ。
レギューラーは、20個ですね。

点天餃子切り口.jpg

皮は、薄くてパリパリしてます。ヒダは、両面にふたつずつ?
餡は、料が少なくでよく分かりませんが、野菜がやや多めかな。
味は、しっかりついてます。ちょっとしょっぱいかな?
でも、おつまみ餃子といしては、このくらいが丁度いいのかな。

小さいのでパクパクといくらでも行けそうですが、
調子に乗って食べてくと、けっこうな金額になりそうですね。



 住  所 〒106-0045 東京都港区麻布十番1-3-8 エフプラザ1F
 電  話 03-3586-0200
 営業時間 月〜土 12:00〜翌4:00
      日・祝 12:00〜23:00
 定休日  無休


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

登龍 麻布店 [六本木、麻布]

麻布十番の  登龍  で、ぎょーびーしました。

東京メトロ南北線の麻生十番駅4番出口を出たら、右側の商店街を入って100m位
最初の信号を過ぎたら、左側の5軒目位。
「高級中華名菜・皇麺 登龍」と書かれています。
うーん、高級そうだ。

登龍.jpg

しかし、中に入ると思ったより狭い。もちろん高級感はあるんだけど
広さだけで言えば、街の中華屋さん並だ。もっとも2階もあるのでそちらは
もっとゆったりしているのかも。

ビールは、生ビール(アサヒスーパードライ)        900円(中グラス
     ビール(アサヒ・キリン・サッポロ・サントリー) 900円(中ビン)

と、高めの価格設定。でも、特に高級とかレアなビールが置いてある訳ではない。
アサヒの瓶にしました。

登龍ビール.jpg

アサヒスーパードライの中瓶です。
お通しが、3種類も出てくるのは、さすが高級店。
ザーサイともやしの合えたもの、青唐辛子?の千切り、クルミに甘い飴を絡めたもの?
甘いクルミはどうなの?と思ったけど、青唐辛子がしょっぱいので、交互に食べる
なかなかイケマス。

餃子は、焼餃子(ヤキギョーザ) 2,000円!  のみ。

200円の間違いではなく、2,000円也!
もちろん、事前に調べて知っていたから驚かなかったけど…。
もし知らないで入ったら、ビールだけ飲んで出ちゃいますね。

登龍餃子.jpg

12分ほどして、2,000円也の餃子の登場です。
サイズは、大きめ。10センチ以上あるかな。
堂々としたもんです、2,000円だもの。

登龍餃子切り口.jpg

皮の厚さはやや厚め。大きめのヒダが8位。焼面はカリッと仕上がっています。
餡は、肉が多めでジューシー。しっかりと詰まった餡です。
ニラも含めて何種類かの野菜を使っているらしい。ニンニクは無しです。
プツプツとした食感は春雨のようです。
味は、塩味がメインで意外とシンプル
高級な素材や、特殊な調味料を使ったりする事なく、
豚肉の味を堪能する餃子なんでしょうね。



 住  所 〒106-0045 東京都港区麻布十番2-4-5
 電  話 03-3451-0514
 営業時間 11:15〜22:00(L.O.21:00)
 定休日  火曜日(祝日の場合は月曜日が代替休日)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

美林華飯店(ビリンカハンテン) [六本木、麻布]

六本木の  美林華飯店  で、ぎょーびーしました。

飯倉片町の交差点から外苑東通りを、東京タワー方面に行って右側。
ampmのの2階です。写真左下の提灯が下がった奥から階段を上がっていきます。

3229678

ちょうどその時、どこかかの団体職員の送別会をやっていてほぼ貸し切り状態。
入り口近くにパーテーションで仕切られたわずかなスペースに通されました。

壁には、小泉元首相や服部幸應さんと店主の2ショット写真が飾られている。
後でネットで見たら、和田アキ子、さんま、松井選手などの写真もあるようだ。

中国料理店としては有名らしいが、餃子はというと…、
dancyuに載っていたので来てみました。

ビールは、生ビール  550円
     瓶ビール  650円
     青島ビール 650円

で、瓶ビールにしました。

3229679

サッポロ黒ラベルの中瓶です。
グラスはAsahiです。生ビールはアサヒなんでしょう。

お通しは、豆腐一切れに、芝海老のドレッシングがかかっています。

餃子は、メニューをすぐ下げられてしまって確認してないけど、たぶん
    
   焼き餃子(6個) 950円

の1種類でしょう。

3229680

12〜13分ほどで出てきました。

サイズは、長さはふつう、ふっくらした形。

3229681

手作りの皮は、厚みはあるけど柔らかめ。

餡は、肉多め、大きめに刻まれた野菜も確認できます。
団子状にまとまっていて、食べていると皮から分離してぽろっと出てきます。

黒酢、醤油、マーラー醤入りという特製ダレが付いてきましたが、
最初は、それを付けずに食べていたら
「タレ、使いませんか?」と言って、小皿とともに下げられそうになったため
「いやいや、これから使います。」と言って、思わず小皿をつかんじゃいました。

餃子を食べ終わるとすぐに皿を下げられるし、なんだか急かされているよう。

最後に、サービスで、杏仁豆腐とポットのお茶が出てきました。

お通し代もデザート代も取られなかったけど、10%のサービス料はしっかりついてました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新北海園 [六本木、麻布]

六本木の  新北海園  で、ぎょーびーしました。

dancyuなど、メディアにも数多く紹介されてますね。
飯倉片町の交差点の近くです。

3228200

餃子とビールだけ、なんて気が引けてしまうような立派な入り口です。

ビールは、生ビール    630円
     瓶ビール(中) 730円
     青島ビール   570円
 
の3種類。
生ビールにしました。

3228201

300ml位?のグラスです。630円はいい値段ですね。

餃子は、エビ餃子(4個)    650円
    蒸しギョーザ(8個) 1,350円
    ニラ入水ギョーザ(8個)880円
    焼ギョーザ(8個)  1,350円

さらに、水餃子をさらに焼いた鉄板餃子 1,250円
  
というのもあるらしい。

焼ギョーザを注文。1,350円!高い!

3228202

12〜13分で登場。
なぜか、スプーンが付いてきました。

大きいです。風格があります。1,350円!

3228203

皮は、手作りで厚くて、もっちり。

餡は、肉がメイン。
しっかりと味がついていて、何も付けなくてもおいしくいただけます。

実に、ジューシー。噛むと肉汁がほとばしります。
シャツの胸ポケットまで肉汁が飛び散り、油のしみが付いてしまいました。
十分に気をつけて食べましょう。

1.350円!は高いけど、試してみる価値は充分あるでしょう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理
六本木、麻布 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。